マルチクラウドディレクターは、オンプレミスのエンタープライズクラウドとパブリッククラウドにわたり、Big Cloud FabricとBig Monitoring Fabricの管理を合理化します。

シングルサイト、マルチサイト、あるいはさまざまなパブリッククラウドのバージョン間であるかどうかに関わらず、 Big Mon Fabric (BMF)  モニタリングと Big Cloud Fabric (BCF)  スイッチングインフラストラクチャ—の配備をスケールアウトする場合、—IT組織は、反復される日常業務の多くを一元化し、運営コストを削減する必要があります。

さらに、セキュリティ、コンプライアンス、および変更管理の要件を満たすために、すべての場所においてガバナンス、制御、オーケストレーション、および可視化が必要になります。同時に、各サイトは、集中制御を行使し過ぎることなく、アプリケーションの配備のニーズのバランスをとりながら、アジリティを維持する必要があります。

それ故の企業ネットワークのマルチクラウドコントローラである、Big Switchマルチクラウドディレクターのニーズ。

Multi Cloud Director

マルチクラウドディレクターは、オンプレミスとパブリッククラウド内の両方で企業のBig Switchのインフラストラクチャのすべてを表示する単一画面を提供します。’

 

マルチクラウドディレクターで包括的な監視が可能

マルチクラウドディレクター は、すべてのBCFとBMFの配備からのデータを、一元化データベース、一元化グラフィカルユーザーインターフェイス、および一元化検索インテリジェンスと連合します。リッチなグラフィカルユーザーインターフェイスは、一目でわかるダッシュボードを提供します。管理者は、複数のファブリックにわたるデータを素早く可視化し、特異性、アラート、および画面上のレポートに対応して直ちに行動を起こすことができます。

Multi Cloud Director

マルチクラウドディレクターは、BCFとBMCパブリックおよびエンタープライズファブリックを含むすべてのBig Switchの配備を検出し、高いレベルのアラート、警告、リビジョンレベル、およびファブリックインベントリデータによってこれらを表示します。

 

マルチクラウドディレクターは包括的な機能を提供

  • 可視性 IT組織は、マルチクラウドディレクターのデータベースを素早く直感的に検索し、具体的に関心のある分野を可視化することができます。IT組織は、スキャンを実行してソフトウェアのリビジョン、シリアル番号、IPアドレス、MACアドレス、主なアラート、ファブリック固有の情報、エンドポイント アドレス、および無数の他のデータオブジェクトを確認できます。マルチクラウドディレクターは、テーブル、トポロジー ビュー、およびレポートのコントローラ グラフィカル ユーザー インターフェイスでスキャンの結果を表示します。
  • グローバルコンフィグレーション設定 マルチクラウドディレクターは、NTP、DNS、Syslog、およびSNMP設定を含む共通のコンフィグレーションを、複数のBCFとBMFのインスタンスにわたり素早く適用できます。そのメリットは、運用コストの削減とすべてのファブリックにわたるコンプライアンスです。

Multi Cloud Director

マルチクラウドディレクターは、さまざまなサイト全体で共通する設定においてコンフィグレーションを容易にします。管理者は、コンフィグレーションのアクションとサイトを選択し、そこで更新を適用します。

  • インベントリ ハードウェアアドレス、ハードウェアタイプ、およびハードウェアモデル番号を含む、各ファブリックのすべてのスイッチとコントローラデータは、マルチクラウドディレクターのデータベースにアップロードされます。
  • 一元化アラート 正常性、容量、およびファブリックエラーを含む各サイトのステータスは、アラートインターフェイス内で表示されます。これにより、各Big Switchのファブリックに責任を負う年中無休のネットワーク管理者の必要性が大きく低減されます。\\u003C/li>
  • Big Mon FabricおよびBig Cloud Fabricの両方との統合 ネットワークチームは、統合ビューとフィルター ビューを含む両方のファブリックコントローラタイプにマルチクラウドディレクターを使用できます。
  • コンプライアンスレポート IT組織は、ハードウェアリビジョンおよびソフトウェアバージョンに加え、たとえばSyslogの有効化などの特定のコンフィグレーションの設定に基づいて、コンプライアンスレポートを生成できます。
  • ネットワーク運用以外のデータを複数部門で共有 することで、その他のチームは、マルチクラウド ディレクターを活用し、アプリケーションやワークロードを配置したり、コンプライアンス検査を実行したり、仮想パブリック ラウド (VPC) 内でセキュリティの設定をチェックしたりできます。

Multi Cloud Director

マルチクラウドディレクターは、スイッチCPU使用率と容量の両方を消費量ごとに並べ替えて一覧で表示します。プランナーおよび管理者は、これらのビューを使用して、先を見越して、またトラブルシューティング時に、確実にキャパシティが需要を満たすようにできます。

マルチクラウドディレクターがより効率的なネットワークの監視を実現

マルチクラウドディレクターは、反復される業務を一元化すること、およびすべてのBCFまたはBMFの配備の準拠、バックアップ、正常性を確保することにより、毎月何時間にも及ぶ管理時間を節約します。

企業がBCFおよび/またはBMFオンプレミスの、および/またはパブリッククラウドで複数のインスタンスを配備した瞬間に、マルチクラウドディレクターのROIの利益は説得力のあるケースになります。