クラウドVPCを企業にもたらす

 

BSNラボ

今すぐハンズオンオンラインラボでBCFを試す!

Big Switch Networksは、企業により広く採用されているクラウドホスティングを認識しており、オンプレミスと、大規模なクラウドプロバイダー内の両方で動作するネットワーキング アプローチを提供しています。Big Cloud Fabric – Enterprise Cloudは、オープン スイッチと一元化コントローラで、テナントベースのVPCとして基本的なスイッチングファブリックを抽象化します。BCF-ECは、最高クラスの経済性、自動化、可視性、およびクロスクラウド管理機能を提供します。

Big Cloud Fabric™は、SDNコントローラソフトウェアとオープンネットワーキング (ホワイトボックスまたはブライトボックス) ハードウェア イッチを活用する、業界初のデータセンターファブリックです。’

ハイパースケールなデータ センターの設計原則を活用し、Big Cloud Fabricソリューションは以下を提供します。

  • ネットワーク運用の簡素化と、ファブリック全体のテレメトリの提供によるインテリジェンス
  • ネットワークの自動化がアプリケーションとサービスを素早く配備できるようにするアジリティ
  • スケールアウト式アーキテクチャとオープンネットワークハードウェア(機器)が搭載された 柔軟性の高い配備

Big Cloud Fabric Next-generation Data Center Switching Fabric

テナントベースのVPCファブリックアーキテクチャ

Big Cloud Fabricアーキテクチャは、ソフトウェアドリブン/ソフトウェア定義のテクノロジーによって従来型の筐体型機器のハードとソフトの分離と考えることができます。

  • スーパーバイザーカード  SDNコントローラ クラスター
  • シャーシバックボーン  スパインスイッチ
  • ラインカード  リーフスイッチ

Big Cloud Fabric as 'One Big Switch'

Big Cloud Fabricの論理的に筐体を構成するアーキテクチャ (すなわち、1つの論理ポッドスイッチ) を使用して、データセンター ユーザーは高性能でレジリエント、スケールする速度に応じた適切な投資でのポッドファブリックを構築できます。SDNコントローラ (もしくは、 筐体型におけるスーパーバイザー) は、筐体のソフト、ハードを分離するための重要で不可欠なコンポーネントです。ゼロタッチファブリックの運用、一元管理を実現するファブリック管理ポイントで、一元化されたファブリック分析を可能にします。アプリケーションの配備の大幅な高速化と運用コストの削減が実現します。さらにハードウェア-ソフトウェアの分離により、Big Cloud Fabricは、多様で高性能 (10G/40G)、高密度のスイッチハードウェアをサポートし、全面的なベンダーの選択肢、および極めて大きなCAPEXの最適化を可能にします。

Big Cloud Fabricは、次のコンポーネントで構成されています。

OpenStackとコンテナの配備については、Big Cloud FabricはKVMハイパーバイザー用のSwitch Light VX仮想スイッチをサポートします。ソリューションについての詳細はこちらをご覧ください。

Big Cloud Fabricにより、データセンター インフラストラクチャ チームは、VMwareまたはOpenStackネットワークを自動化し、構成とアップグレードを16倍の速さで、アプリケーション配備と問題解決・トラブルシューティングを4倍の速さで行うことができます。ACG Researchレポートの詳細分析: オープンSDNファブリックの経済的価値

Big Cloud Fabric活用事例

リーフスパイン型ファブリックは、以下をはじめとするさまざまなユースケースに対応しています。

Big Cloud Fabricのメリット

リーフスパインファブリックを持つBig Cloud Fabricは、企業およびサービスプロバイダーのデータ センターに、最先端のハイパースケールスタイルのメリットをもたらします。

  • シンプルさ:ゼロタッチファブリックと一元化された管理ポイント
  • アジリティ:: vSphereやOpenStackの連携によるネットワークの自動化、オプションのNetOps/DevOpsの自動化によるREST API
  • 可視性とトラブルシューティング:履歴再生が可能な分析機能の内蔵、リーフ/スパイン型ファブリックトレースによる迅速なトラブルシューティング、VMレベルのエンドポイントの可視性
  • 経済性:OpExとCapExの大幅な削減
  • ハードウェアベンダーの選択: 最先端のBroadcom Trident-II、Trident-II+、TomahawkネットワーキングASICに基づくオープンネットワーキング (ホワイトボックスとブライトボックス) スイッチの選択。
  • イノベーションスピード:サービス提供までの時間短縮と迅速な (ヒットレス) ソフトウェアアップグレードにより、迅速な新機能の利用が可能。